部屋探しにも一工夫ほしい

今のところ第一候補としておこう。次のやつはどうだろうと期待しながら開くと、なんと同じ建物ではないか。ネットで部屋探しをするのは初めてなので、こういう事もあるのかと実感した。よく見るとさっきのやつの隣らしい。同じ建物で複数空いてることもあるから、15件も出てきたのか。どうやら角のようで、出窓が付いているみたいだった。どうせ部屋探しするなら、こういった一工夫あるような間取りのほうがいい。出窓はポイント高いな。

部屋探しの経験

若干2000円だけ家賃が高いのは、角だからという理由かな。いやーここは本当に良さそうだ、ぜひとも部屋探しの際に、実際に見に行ってみたいと思う。次を開くと今度はアパート風だけど、かなり新しいものだった。この間取り図の中にある点々で書かれていて、非常に見にくいのはなんだろう。よく見てみるとロフトと書いてある。最初の部屋探しの時にロフト付きのところを見せてもらったけど、階段の分だけ狭くなるからいまいちだった。

部屋探しは色んなものに出会う

不動産会社の営業マンからは、上で寝る事も出来ますし、荷物置き場としても使えますよって事だったけど、不便だと感じたので遠慮しておいた。部屋探しをしてると、本当に色んなものに出会える。どうしてこんな風に作っちゃたんだろうって、思うものが数多くある。前の部屋探しではエアコンの穴がなくて、窓につけるウインドウエアコンのところがあったり、ロフトも起き上がったら頭がぶつかるくらいに高さがないものもあったりと面白かった。

Copyright (C) 2017 部屋探しの準備 All Rights Reserved.