部屋探しの葛藤

というのも間取りや設備、家賃などは文句のつけようがないほど素晴らしいものだったけど、完成予定が2ヶ月先になっていたからだった。そもそも部屋探ししようと思ったのは、隣人の騒音に悩まされているからだ。それなのに完成まで2ヶ月間も耐えているというのは、今の自分には出来そうもない。さらに必ず気にいるとも限らない。これほど部屋探しで葛藤したのは初めての経験だ。どっちをとるのが今後の生活にプラスになるか考えないといけない。

部屋探しの選択肢

しばらく悩んだ挙句に出した答えは、週末に沢山見に行って気に入るものが見つからない場合にだけ、新築を候補に入れようと決めた。今回の部屋探しの選択肢に、まずは含めないというのが結論。次は築浅のコーポが出てきた。外観写真を見ても、すごく新しいのが分かる。ここはキッチンがやや広めなので、全体の平米数もやや広くなってる。これは部屋探しの有力な候補になる。最初のやつといい勝負だけど、新しい分こっちの方がいいかも。

部屋探しの評価が厳しくなる

その他も順番に見ていったんだけど、いまいちピンとくるのがなかった。とりあえずは週末に行く不動産会社を決めて、その日は終わりにする事にした。部屋探しする前に、新築物件を知ってしまったのは失敗だった。やっぱりどうしても気になってしまう。そうなってくると、週末の部屋探しも評価が厳しくなってしまいそう。なんとか忘れようと努力するけど、結局忘れる事が出来なかった。あれこれと考えているうちに、当日になってしまった。

Copyright (C) 2017 部屋探しの準備 All Rights Reserved.